« 二世帯住宅について | トップページ | 屋根 »

2010年8月18日 (水)

模型の力

どうも昨日充実した打合せが出来たa-cafeです。

昨日は今計画中の住まいについて打合せを行いました。workやprojectにUPされてないやん!って思いの皆さま。もうしばらくお待ちください。

そして昨日の打合せには、数案プラン、イメージスケッチ、ヴォリーム模型を用意しました。一人でもそうですが、他人と建築のイメージ、想像、可能性を探る際、模型は必須!そして模型が持つ力は最高です。建てる予定の住まいを、スケール=縮尺で正確に縮小します。プロポーション、全体増、360度手にするように解ります。ってか、手にして廻します。そして図面ではわからないこと、スケッチでは表現できない部分を確認出来ます。それでいて打合せを楽しませてくれます。

ちなみに、ヴォリューム模型が固定されていない場合、 たいてい人って先ず
(無意識に)模型が取り外せるに気づき、手元でグルグル凝視。次に
(無意識に)戻す時、90度回転してみたり、180度回転したり、元の位置に落ち着きません。

が、ヴォリューム(形態)とプラン(間取)、それらを決定していく様々な要因・要素が数珠繋ぎのように連動しているため、何気ない固定観念・先入観のないふとした(無意識)の先に述べた回転が、ピカッと頭の中に走ります。
(そんで、詰めて作業して、可能性がなかった!との確認になることも多々ですが、、、。)

建築をやってる人に模型の大切さは言わずともよいでしょう。が
あまり建築に触れる機会が少ない皆さま。ぜひ模型と触れる時が来たら、
一度、フゥフ~フン~っと模型を手に取ってみましょう!

« 二世帯住宅について | トップページ | 屋根 »

note」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 模型の力:

« 二世帯住宅について | トップページ | 屋根 »