« 002-土壁の家 UPしました。 | トップページ | 工事記録-DIYと焼き杉2 »

2010年12月22日 (水)

見てきた-石上純也展覧会-豊田市美術館!

見てきました!
「建築のあたらしい大きさ」-石上純也展。in豊田市美術館!
設計事務所 a-cafe 清水 亨です。

Photo

ちなみに、石上君とは同級生です。。。石上君は2008年のヴィネツィア・ビエンナーレ建築展で日本館代表に選ばれ、、、2009年に日本建築学会賞も受賞し、、、現在最も注目されている建築家です!

そして、建築の企画・展覧会は東京が中心で、大阪・名古屋ですら、あまり廻ってきません!なので、今回是非見たい!今日がチャンス!って見てきました。

展示物は写真NGのため、紹介はできません。
凄かった!面白かった!建築のあたらしい大きさか、、、。

模型、スケッチが訴える力に脱帽でした。。。

Photo_2

展示場で小話ひとつ。(ふと違った意味で面白くなりました。)

雨を建てる1/1原寸模型です。引張材のワイヤーの太さ0.02mm。
圧縮材の柱の太さ0.9mm。(かろうじて圧縮材は見れます。)

54本の雨の柱を建て、2808本の雲の糸を張る。、、、
見えない2808本を張ってある気の遠くなる作業。、、、そんな展示ブースがありました。

監視員が大変デリケートな模型ですので、足元のワイヤーから身をのりださないでください。
見えないかもしれませんが、ワイヤー内に展示物がありますので、、、

と注意を受け、50mプール程の展示ブースを徘徊。
私と同業者でしょうか?ブース内に2,3人必死に身をかがめたり、顔を動かしたり、、、

なんにも見えません!(柱=0.9mmはかろうじてわかります!)
2人の監視員と私を含めた3人以外は何にもありません。(見ようと試みなければ!)

透明性に惹かれ造られた作品だそうです。
もちろん、だから、展示も透明!

裸の王様の話しをふと思い出し、静まり返った展示ブースでクスっと笑った。

と自分の建築と向き合う立ち位置も改めて認識出来ました。
ちなみに、豊田市美術館は僕が建築にのめり込むきっかけの建物の一つです。
「空間」ってこういうことかな~って。実際に体感してもらいたいです。

写真だけでも、、、アプローチからどうぞ!

P1030862_3 P1030863_2 P1030865 P1030867 P1030869 P1030870 P1030872 P1030873 P1030875 P1030877 P1030880 P1030881 P1030882 P1030884 P1030885 P1030886   

僕の周辺のホームセンターや、画材屋に建築模型材料、、、ありません。
スチレンボードすらありません。当然ノリの王様スチノリ、、、ありません。

近隣?の愛知県には建築模型を扱うお店があることを知っていたので、
年末、せっかく、、、ってことで立ち寄りました。

Photo_3

じゃん!買いだめ!安かったです。会員になりました。(会員価格有のため)

彦根に滋賀県立大学あるんやけどな~。長浜、湖北の方!
どこで建築模型材料買われてますか???

« 002-土壁の家 UPしました。 | トップページ | 工事記録-DIYと焼き杉2 »

note」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
名古屋のセントラル画材か、大阪の心斎橋カワチならオンラインでの販売もやってますよ。
滋賀県では見た記憶がないですね…
鉄道模型を扱っているようなマニアックな模型屋さんに樹木とか、パウダーとかあったと思います。
使う物は共通してますので。

投稿: ACAC | 2010年12月24日 (金) 12時25分

はじめまして。
名古屋のセントラル画材か、大阪の心斎橋カワチならオンラインでの販売もやってますよ。
滋賀県では見た記憶がないですね…
鉄道模型を扱っているようなマニアックな模型屋さん
とかあれば、少しは使える物があるかも…ですが。

投稿: ACAC | 2010年12月24日 (金) 12時28分

ACAC様。情報ありがとうございます。
ちなみに、今回セントラル画材に行って買ってきました。行ってみたかったのありまして。。。(笑)

また情報提供ありましたら、宜しくお願いします。

投稿: a-cafe | 2010年12月25日 (土) 08時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見てきた-石上純也展覧会-豊田市美術館!:

« 002-土壁の家 UPしました。 | トップページ | 工事記録-DIYと焼き杉2 »