« テナント店舗計画-埋蔵文化財、、、出ませんでした^^v | トップページ | 2021年明けましておめでとうございます~^^v »

2020年8月 8日 (土)

木造伝統構法の耐震の特性理解!木考塾webセミナー参加

設計事務所a-cafe 清水です。

先日、大きく凹む出来事がありましたが、、、頑張ります^^v

昨日20時~木考塾と木の家ネットの合同webセミナー講座に参加!

今回で4回目になり、今回は差鴨居、足固めの復元力特性を理解するため、

セミナー前に予習にて、テキスト、マニュアル、参考事例をもとに理解を深め、

セミナーに参加しました^^v

建築基準法の中で木造建築に一般的に使われている壁量計算、許容応力度計算の強度型の確認とは違い、

限界耐力計算という変形によって復元力が変わり、建物の復元力をチェックし、建物の体力が地震力より大きければ、

建物が壊れない!と簡単にかけばそんな感じで、まだあまり理解されていない、

確認審査機関、行政の方でも詳しく知らない方が多いそうです。

設計者は施主さまの最初の窓口でもあり、大切な財産、大きな普請を決められる際に、

適切なアドバイスが出来るよう、スキルUP、スキルUP!

4回の解り易い講義を経て、基本は解ってきました^^v。

奥は深いですが、基本のきを知らねば、応用は出来ませんから^^v

4_20200808103801

« テナント店舗計画-埋蔵文化財、、、出ませんでした^^v | トップページ | 2021年明けましておめでとうございます~^^v »

note」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« テナント店舗計画-埋蔵文化財、、、出ませんでした^^v | トップページ | 2021年明けましておめでとうございます~^^v »